1アークバリア21-1 スズキ スイフトにアークバリア21を施工します。
H17年式で多少のスリキズ・洗車キズがありますが
良い状態の車です。
2アークバリア21-2まず、泡洗車で丁寧に洗車しながらボディー全体を
チェックします。
3アークバリア21-3鉄粉など付着物を取り除きます。鉄粉除去剤や
トラップ粘土などを使います
4アークバリア21-4ワイパー・ナンバープレートなど取り外します。
5アークバリア21-5マスキングを施します
6アークバリア21-6車の状態に合わせてスキンケアを行います。
今回は湿式のスキンケア作業です。
これはアークバリア21の独自磨きシステムです。
7アークバリア21-7まず、羊毛バフ+GA剤でポリッシングしていきます。
8アークバリア21-8次にウレタンバフ+GC剤でポリッシング。
濃色車の場合この作業をウレタンバフの種類を
変えながら2回3回と繰り返して行います。
9アークバリア21-9そしてバフ目取り 特殊なバフを使いバフ目を消して行きます。
10アークバリア21-10磨きあがったらもう一度洗車です。
今度は、D剤(強アルカリ洗剤)で脱脂しながら洗車します。
11アークバリア21-11次にF剤(中性洗剤)で中和させながらD剤を洗い流します。
12アークバリア21-12エアーブロウで水分を飛ばし乾燥させます。
13アークバリア21-13マスキング手直し後いよいよコーティング作業です。
14アークバリア21-14これがアークバリア21の原液です。
左は硬化サンプルです。 有機物をまったく含まない
完全無機質のガラスコーティング剤です。
15アークバリア21-15専用クロスにしみこませ手塗りで塗り込みます。
16アークバリア21-16塗り込み→塗りのばしの作業を繰り返し
17アークバリア21-17ボデー全体に均一に塗り込みます。この作業も、
アークバリア21の特殊施工技術です。
18アークバリア21-18新車の場合ナンバープレートやヘッドランプ・テールランプもコーティングします。
19アークバリア21-19赤外線ヒーターで熱処理し硬化させます。
20アークバリア21-20G剤(専用処理剤)で磨き上げます
21アークバリア21-21マスキングを剥がし部品を組み付けます。
22アークバリア21-22最後に泡洗車しリンス(N剤)で仕上げです。
23アークバリア21-23美女仕上げスイフト完成です!
カーコンビニ倶楽部
〒376-0121 桐生市新里町新川638-2
Tel 0277-74-3288
ページトップへ

Copyright © 2006 pitkiryu All Rights Reserved.